Meet Musio

「えいごで日本むかしばなし」で読み聞かせをしよう📖

こんにちは(^^)/
コンテンツ担当のSerenaです。

小さな子どもたちにとってなじみ深い日本むかしばなし。
大人でも誰もが一度は読んだことがあるはず。
私たちの身近にあるこれらのおはなしをMusio (ミュージオ)と一緒に英語で読めるようになりました!

それが、10冊から成る「えいごで日本むかしばなし」シリーズ(定価:1冊 ¥1,000、10冊セット ¥7,500 ※2018年3月1日~3月31日まで教材半額キャンペーンを実施中)!

今回は、この絵本の読み方をご紹介します。
読み方は、シーンに合わせて選べる3種類。

①1冊まるごと最初から最後まで読み

②ページ読み

③センテンス読み

あなたなら、どんなシーンでどの方法で読み聞かせしますか?

 

 

おはなしを読む前に

まずは、おはなしの内容をMusioにダウンロードしてください。その方法は、とっても簡単!

1.表紙の右下にある金色のダウンロードマークをタッチします。

 

2.Musioの画面に、ダウンロード画面が表示されるので「YES」をタッチすると、ダウンロードがスタートします。

 

3. 進捗が光のバーで表示されます。Musioが“Here we go!”や“Correct!”と言ったら完了です!

 

 

Musioに読み聞かせはお任せ!子どもひとりで読む

毎日ママもパパもやること盛りだくさん、なかなか子どもにじっくり本を読んであげるのが難しいという方も少なくないはず。ちょっと子どもから離れて作業をしたい、ごはんの準備をしたい、そんな時におすすめなのが、「1冊まるごと最初から最後まで読み」。大人がスタートボタンを押すだけで、Musioがおはなしの最初から最後まで読んでくれます。

 

☆「1冊まるごと最初から最後まで読み」の方法

タイトルが書かれた3ページ目で操作します。再生するときは「」をタッチし、一時停止をするときは「■」をタッチします。

 

 

ママ&パパも子どもと一緒に!親子でじっくり読む

時間にゆとりのある時やお休み前のゆったりタイムに、親子で読むときは「ページ読み」を使ってみましょう。ページごとに読むこの読み方では、大人が子どもの聞くスピードや関心によって読み進めるスピードを調節できます。また、見開き右側のイラストページにもタッチ箇所があります。話の途中、子どもが絵に興味を示したら、1ページ読み上げた後にタッチすることで、よりおはなしを楽しむことができますよ。

 

☆「ページ読み」の方法

各左ページの左上にある「P」マークをタッチし、ページのどこかをタッチするとスタートします。

 

また、各右ページに描かれている登場人物をタッチすると、セリフを読み上げます。

 

 

役割を決めて、読んでみよう!

よりこの絵本を楽しみたいというあなた!そんなあなたにおススメなのが、この「センテンス読み」です。その名の通り、1文ずつ読むことができます。この読み方で、子どもたち参加型の読み聞かせをしてみましょう!どのお話も、ナレーション部分と登場人物のセリフの部分とに分かれています。そこで、それぞれ役ごとにタッチする人を決めて、みんなで読んでいきましょう。

 

☆「センテンス読み」の方法

 

1.各左ページの左上にある「S」マークをタッチします。

 

2.次に、読みたい文章をタッチすると、Musioが読み上げてくれます。

 

 

役になりきって読んでみよう! 

おはなしを聞くのに慣れてきたら、子どもでも発音するのが簡単な登場人物のセリフを言ってみましょう!その時に活躍するのが、音声録音ができる各左ページの左上にある「🎤」マークです。このマークを使って、子どもが言ったセリフを聞いてみましょう!ママやパパも参加して、朗読劇のように読むのも楽しいですよ。

 

☆音声録音機能の使い方

1.各左ページの左上にある「🎤」マークをタッチすると録音がスタートします。

2.おはなしやセリフを読んでみましょう。

3.もう一度「🎤」マークをタッチすると、録音した音声を聞くことができます。上手く読めましたか?

 

 

子どもが1人で読むもよし、家族で劇をするように読むもよし。
シチュエーションに合わせて、
子どもの様子に合わせて、
「えいごで日本むかしばなし」シリーズでの読み聞かせを楽しんでくださいね!

Have a good weekend!!

コメントを残す