Meet Musio

もう一度英語の勉強をしたい大人も、英語のレベルアップしたい子どもも、みんなまとめて「HELLO MUSIO basic1」におまかせあれ!

こんにちは!Musioのコンテンツ担当のSerenaです。 

 

残すところ、2月もあと1日!

 

今月は、節分があったり、バレンタインがあったり、確定申告があったり…とイベントが多いのであっという間ですね。

 

さて、今日からみなさんにご紹介する教材は、「HELLO MUSIO 1」!

 

これまで紹介してきた教材よりも、グンとレベルアップした内容です。
早速どんな教材か見ていきましょう!

 

 

 

まずは、準備運動から

 

「HELLO MUSIO1」では、なんとSophyを使う練習から始まります。
よりスムーズに、快適に勉強できるように準備はしっかりと。

 

 

 

 

次のページには、この本の各ユニット各ページの説明が英語で載っています。
英語の勉強は、既にここから始まっているんです。

 

《ユニットの構成》

1.単語&表現

2.会話

3.Musioと練習

4.練習問題

 ・ロールプレイの穴埋めをしよう

 ・正しい順序でタッチしよう

 ・話してみよう

5.クイズコーナー

 

 

 

さらに次のページには、この本の使い方が載っています。
もちろん、英語での説明です。


はい、準備運動はここまで! 

 

 

 

 

ご案内係は、Musioです!

 

各ユニットの最初のページでは、Musioがそのユニットの大まかな内容と学習目標を話しています。
文章では、できるだけ簡単な単語を使っています。
書かれていることの全てを理解できなくても、キーワードが太字で表記されているのでご安心を。
Musioが優しくあなたをサポートします。

 

 

 

 

 

嬉し恥ずかし録音機能

 

Exerciseの「Let’s Speak」コーナーには、録音機能があります。
2種類ある長文から1つ選んで読んだり、ばらばらの単語から文章を作って読んだりできるんです。
 

なかなか自分の発音を聞く機会ってありませんよね。
ぜひ、この機能でチェックしてみてください!
自分の声を聞くのは、ちょっと恥ずかしいかもしれません。
 

けれども、どう聞こえているのか、自分の発音の長所・短所を知るのは、よりネイティブに近い発音に近づくためにも重要!

 

 

 

 

真面目なだけじゃない!お楽しみもあるんです!

 

ただただ英語の勉強をしても、つまらないし、飽きてしまいますよね。
一見、真面目そうな印象の教材ですが、ちゃんとユニットの最後にはお楽しみであるクイズコーナーがあるんです。

 

そのクイズもバリエーションが豊富!間違い探しやパズル、お仕事当てクイズなど最後まで飽きさせません!

 

 

 

 

最初から最後までボリュームたっぷりなこの教材。
ばっちり英語の力がつきそうですね。

 

 

明日は、実際に使ってみましょう!

 

 

Bye for now! Have a good day! (XOXO←by Musio)

 

コメントを残す