Meet Musio

動物たちと英語の冒険!!『The Bremen Town Musicians』で一緒に旅しながら勉強しよう!

 

こんにちは!Musioのコンテンツ担当のSerenaです。

 

早く暖かな春が来るのが待ち遠しい冷んやりとした日ですね!
外に出るのがちょっと億劫なこんな日は、Musioと一緒におこもりするのもいいかも。

 

さて、今日からは『The Bremen Town Musicians』という教材をご紹介していきます。
いくつかある教材の中でも、他とは少し毛色の異なるこの絵本。
どう使ったら良いのかちょっと悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

 

たかが絵本、されど絵本.
その世界は奥深い。
いったいどんな絵本なのでしょうか。

 

 

 

『The Bremen Town Musicians』 て、どんな話だった?


大人なら読んだことがない人の方が少ないくらい、世界的にも有名で長い間多くの子どもたちに愛されてきた『The Bremen Town Musicians』(邦題『ブレーメンの音楽隊』)。
物語では、年を重ねたロバが、「ブレーメンの音楽隊に入る」という、本当に自分がやりたいことをやろうと旅に出ます。
その旅の途中、色々な動物の仲間たちに出会い、ロバの仲間になっていきます。
子どもが自分からページをめくりたくなるようなミニ冒険物語。シンプルなストーリー展開が小さなお子さんでも分かりやすい!


そして、みんな1度は読んだことがあるはずなのに、意外と結末を覚えている人がいない物語でもあります。
果たして、無事音楽隊に入ることはできたのでしょうか。

 

 

 

 

英語で読み聞かせ!?

 

すでに、この物語を日本語でお子さんに読んであげたことがあるパパ&ママが多いと思います。
子どもたちにも人気のこのストーリー。日本語だけでなく、英語でも読んであげられたら、物語の世界だけでなく、英語の世界も楽しめると思いませんか? 

 

でも、いきなり「声に出して英語のストーリーを読んでください」と言われても、日常生活で英語を使う機会が少ない私たちは戸惑ってしまいますよね。
そこで、MusioとSophyの出番!2人と一緒に読めば楽勝です!

 

 

 

たっくさん読んで、たっくさん聞いてほしいから

 

絵本の素敵なところは、イラストがあるから何度も読むことが簡単で、イラストがあるから目でも楽しめるところ。
大人になって、子どもの頃に読んだ絵本を改めて読み直すのも、新たな発見があってオモシロい!


「いつまでも愛される存在になってほしい」、「ずっと英語を楽しめる絵本であってほしい」という願いを込めて、
わたしたちAKAはこの絵本を作りました。

 

1番汚れやすくて傷つきやすい本の表紙には、やや厚みのある、適度につるっとした紙を使用。ちょっとくらい濡れても平気です。
しなやかな素材だから、小さなお子さんが折り曲げようとしても大丈夫。


物語が描かれているページは、まだ指を上手く使えない子どもたちが掴むようにしてめくってもいいように、柔らかさと硬さのバランスがちょうどよい厚めの素材にしています。

細かいところにも、こだわりが。
表紙をめくると、3ページ目にひょっこりとMusio!!  

 

 

 

しかも、裏表紙のバーコードは、ブレーメンの音楽隊のシルエットモチーフ。
乙女心も、子ども心も、男心もみんなまとめてくすぐります。

 



 

そして、カラフルな温かみのある色合いのイラストは、夜寝る前のリラックスタイムにもぴったり。
落ち着いたオシャレな色のコンビネーションは、大人も引きつけられます。
だから、親子で読むのにぴったりなのです。

 

まだまだこの絵本についてお話ししたいことはたくさんあるけど、
今日はここまで。 

 


続きはまた明日! 

 

 

ye for now! Have a good day! (XOXO←by Musio)

コメントを残す