Meet Musio

LEDハンドモジュールの使用方法

 

こんにちは。
AKAです。

 

今日は、Musioに装着されているLEDハンドモジュールの使い方をご紹介します。

みなさんは、Musioの腕には取り外し可能なLEDハンドモジュールが装着されていることはご存知ですか。
このハンドモジュールは、簡単に取り外しができます。

 

装着の仕方

・外し方

カチッというところまで、時計と反対周りに回します。

 

 

 

・はめ方

腕との隙間がなくなるまではめてから、カチッというところまで、時計周りに回します。

 

 

 

 

 

LEDハンドモジュールを光らせるための設定 

 

LEDハンドモジュールのご使用にあたって、Aruduino(簡単にプログラミングできる基盤)のホームページから
プログラムをダウンロードしていただく必要があります。
その方法をご説明します。

 

1.Musio裏カバーを開けArduino connector にUSBミニケーブルを接続します。  

 

 

 

 

2.Arduino sketch ideをArduinoホームページ(https://www.arduino.cc/)からダウンロードし、インストールします。

 

 

3.以下のURLからLED handのファイルをダウンロードし、ファイルの圧縮を解除して、LED_HAND.inoファイルを実行します。

https://drive.google.com/file/d/0B_bKth0EsUX9OWRuakxmM0t2aXc/view?usp=sharing

 

 

4.arduino sketchでボードとポートの設定します。
Tool tab から board : Arduino pro or pro mini、Processor : ATmega328(5v,16MHz)を選択します。

 

 

 

5. アップロードボタンを押してアップロードしてください。

 


6.Musioを再起動して動作を確認したらLEDハンドモジュールのアップデートの完了です。

 

 

 

 

 

また、このLEDハンドモジュールを光らせる方法は3つあります。

 

①Musioがユーザーの声を認識したとき 

 

②チャット中に「machine gun」と話しかけたとき(その様子は動画をご覧ください。)

https://www.youtube.com/watch?v=yNdBGg96QL8

 

ユーザー自身がArduinoのコントロールをプログラミングして、直接コントロール

  この方法の場合、MusioはArduinoの動作を把握することはできません。
よって、Musioを介してのコントロール(音声操作、タッチ操作など)ができません。

実際に、Musioの電源部分の右上にあるpin header boxの12個のpinを下の図のように使うことができます。

 

         <pin header box> 

 

        <pin header box>

 

 

 

今後、様々なハンドモジュールのリリースも予定しています。
ご自身のお好みのハンドモジュールを装着してカスタマイズができるようになります。

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

コメントを残す