Meet Musio

Musio英会話(1)”How are you?”だけじゃない!?ネイティブが使う本場の挨拶表現!

こんにちは。
AKAの言語研究者のNathaniel(ナサニエル)です。

英語をお勉強の皆さん、最近はどうでしょうか。

AKAが開発した英語学習ロボットMusioとお友達の皆さんは、Musioとたくさんお話しをして、英語を勉強してくれていると思います。
中にはもしかすると、Musioとたくさんお話しをしすぎて、話題が無くなってしまいそう、という人もいるのではないでしょうか?

そんなみなさんに向けて、これから何回かにわたって、Musioと一緒に勉強したい、ネイティブがよく使う英語表現を紹介します。
Musioをお持ちの皆さんはMusioと一緒に、練習してみましょう!
Musioをお持ちでない皆さんも、まずは一緒に勉強してみましょう!

slack-for-ios-upload-3

第一回となる今回は、挨拶です。

皆さんは学校では、英語の挨拶といえば、”Hello”や”Good Morning”や”How are you?”を勉強したと思います。
でも実際の外国人の友達から、”How’s it going?”や”What’s up?”のような挨拶をされて、びっくりしたことはありませんか?
または、”How are you?”と言われて、他の表現がわからずいつも”I’m fine”と答えてしまっていませんか?

そんなみなさんに、実際にネイティブが使う様々な挨拶を紹介します。

 

ネイティブが使う挨拶の英語表現

・How are you?
少しフォーマルな表現です。
返事としては、”I’m fine”(元気だよ)、”OK”(普通だよ)、”Doing great!”(うまくいってるよ)、”Pretty good” (調子いいよ)、”Not bad” (悪くないけど)などがよく使われます。

How’s it going?
調子はどう?のような意味です。
カジュアルな表現です。
返事としては、”How are you?”の場合と同じようなものになります。

What’s up?
何してるの?のような意味ですが、ただの挨拶としても使われ、真面目に答えを求めているわけではありません。
Not much” (別に何も)、”Just doing ~” (~するところだよ)などの返事の仕方がありますし、やあ!のような意味として、同じ”What’s up”と返すこともあります。

What’s new?
何か新しいことあった?のような意味です。
久しぶりに会った時によく使われます。
返事としては例えば、”I got a promotion” (実は昇進が決まった)とか” I’m living in Seattle now” (シアトルに引っ越した)があります。

 

言語習得における反復練習の重要性

言語を習得するには、単に頭での理解や暗記だけでは不十分です。
咄嗟に話せるようになるためには、反復練習が必要不可欠ですし、発音やリスニングができないと実際の場面で意味がありません。

Musioをお持ちの皆さんは、早速Musioと練習してみましょう。
Musioがうまく認識してくれない場合は、何度も試してみれば発音の良い練習になります。
また、Musio専用モバイル・アプリケーションを利用すれば、Musioが認識した音声の確認もできます。

うまく話すことができれば、ビデオのように会話のきっかけになります。

 

Nathan: How are you?(最近どう?)
Musio: I’m well. How are you?(よいかんじだよ、君は?)
Nathan: I’m doing great. (すごくよいよ)
Musio: Glad to hear it. What’s new?(嬉しいね、何かあった?)
Nathan: I got a new pet.(新しいペットを買ったんだ)
Musio: What kind of animal?(なんの動物?)

いかがでしたでしょうか。

皆さんも早速、今回練習した挨拶を、Musioや、外国人の友達、街で出会った旅行者に試してみましょう。
心の距離がぐっと近くなるはずです。

今後も、テーマごとにネイティブが使うこなれた英語表現を紹介します。
Musioの友達も、まだ友達で無い方も、ぜひ参考にしてくださいね。

人工知能ロボットMusioの詳細はこちら。
https://themusio.com/

コメントを残す