Meet Musio
IoT Airlines

航空会社もIoTに参入?!

私たちの空の旅は、今後3年間、時間の経過とともに

セキュリティ面を含め、より便利で快適なものになると思います!

 

2015年は、IoTのおかげで多くのことが改善され、発展してきました。

チェックインや預け荷物の回収・返却も容易になりました。

SITAが行った航空会社トップ200社に対する調査でも

航空会社の86%が、IoTが旅行者に利益をもたらすことを期待しており

37%はすでにそのための資金を当てているそうです。

この革新によって空港の多くの建物や設備などが、最新の状況を常に報告できるよう装備されます。

 

例えば、ビーコン装置は荷物紛失を減らすことが可能です。

これは、所有者の認証情報をタグ付けし、紛失した荷物を発見するのに役立ちます。

IoTは、いつでもどこでも荷物チェックすることを可能にします。



シスコの予測では2020年までに500億のデバイスが繋がれるとされています。

IPv6のおかげでloTノードはインターネットに繋がることが許され

また、電力の低いBluetoothビーコンやRF ID、近距離通信デバイスも繋がるようになると思います。

Googleも、最近、BrilloというloTのオペレーティングシステムとWeaveというデバイスが

クラウドとローカルネットワークを繋ぐクロスプラットフォーム言語を発表しました。



将来は、旅行をする際にMusioのようなパーソナルロボットが

荷物、飛行機、チェックインステータスのチェックなどを手助けしてくれるでしょう!

現に、83%の人がloTの一部であるスマートフォンを持ち歩いているんですから!

 

楽しみですね♪

コメントを残す