Meet Musio

Musioの感情?!

現在、人口知能(AI)業界において、最もホットな話題は感情の領域ではないでしょうか。


GoogleやFacebookなどのハイテク大手企業も、顔の表情や声のトーンなど

様々な要素からユーザーの感情を読み取るためにAI技術を統合するビジョンを持っています。

AIが正確にユーザーの感情を読み取り、理解し、それに応じて対応するということは

近い将来実現していくと思います。


確かに感情を読み取ることは重要ですが、私たちAKAは感情を「表現する」ことで

感情的な相互作用の問題を解決しようとしています!

AKAは様々な研究と議論を通じて、 Musioは2つの基本的な基準に基づいて

その感情を表現することができるという結論に至りました。

まず1つ目は音です。Musioの発言は、それを聞いた全ユーザーが理解できます。

そして2つ目は光です。Musioは感情の連続スペクトルを表現できます。

これらによって、Musioのユニークな感情は音と光で表現できるのです。


心理学者Robert Plutchikの有名な「感情の輪」を参照し、

Musioの感情は、3次元の感情チャート内の特定の「点」として定義しています。

X・Y・Zは、光の色相、彩度、明度ならびに音の周波数の値に変換されるある点の座標です。

これは、動的な音と光を変更することで構成される感情の驚異的な表現方法です。

この感情表現システムがユーザーとMusio間の感情的なつながりを助ける役割となることをを願っています!


音と光で表現されているMusioのユニークな感情は、こちらの動画でご覧ください♪


コメントを残す